【問題なし】優光泉の酵素は死んでる?それでも大丈夫な理由を解説

野菜と果物

この記事では、「優光泉の酵素ドリンクの酵素は死んでるのか」について調べてみたことをまとめています。

 

結論、優光泉に入っている酵素は死んでいます。

 

れい
ただしそれでもまったく問題はありません

 

ここからは酵素ドリンクの加熱処理の話から、優光泉の酵素が生きていなくても問題ない理由などについて解説していきますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

この記事はこんな人向け
  • 酵素が本当に体にいいのか疑問を持っている
  • 優光泉の酵素ドリンクは飲む意味があるのか知りたい
  • 酵素の加熱処理について知りたい

 

 

酵素ドリンクの酵素は死んでる?林修先生の初耳学をまとめてみた

テーブルに並べられた野菜

 

れい

2018年11月18日放送分で酵素ドリンクの矛盾についての話があったのでポイントをまとめてみました

 

  • 酵素は働くのに最適な温度がある
  • 人間の中にある酵素が働くのは人間の体温程度
  • 日本で飲料として売る場合は65℃または85℃以上で加熱殺菌しなければいけない
  • 一般的には60℃以上で酵素の活動は停止する
  • 店で作る生のジュースは加熱義務がないので酵素が生きている
  • 乳酸菌飲料(カルピス)は乳酸を作ってから加熱殺菌しているので整腸作用がある

 

市販されている酵素ドリンクは、製造過程で加熱処理されているので酵素が働かない状態になっているのではないかという見解です。

 

れい

酵素がダイエットに有効だと思って飲んでいた人には衝撃的な内容ですよね

 

ただ個人的には酵素が死んでいようと、生きていようと体重さえ落ちてくれれば何でもいいです。

 


優光泉の酵素は死んでるけど問題ない理由

OKポーズをする笑顔の女性

 

酵素ドリンクは熱殺菌をされているんですか?熱殺菌をしてしまうと、酵素ドリンクの中に入っている酵素が死んでしまいませんか?

通常すべての酵素ドリンクは法律で定められている温度で高温殺菌する必要がありますので、当店の優光泉酵素も約70度の温度で15秒の熱処理をさせていただいております。

また、大変誤解が多いのですが酵素はタンパク質の一種であり物質ですので、生き物ではありません。昨今は色々なメディアで、「酵素は熱で死ぬ」という説明をされております。そのため「熱で酵素が死ぬ」という理解をされる方が多いのですが、正しくは「失活する(働きを失う)」です。物質には生き死にはないと言えます。

なお、そもそも酵素飲料や酵素ドリンクと呼ばれるものは酵母菌の熟成発酵によって抽出された野菜のエキスであり、何万種類とあると言われている体内酵素の材料になるものです。

今でこそ酵素ドリンクという呼び方が当たり前になっておりますが、昔は補酵素飲料と呼ばれていました。
つまり、酵素ドリンクは食物酵素の摂取を目的とした飲料ではなく、体内酵素を増やすことを目的とした飲み物なのです。

 

優光泉の酵素ドリンクは酵素を摂取するためのものではなく、体内にある酵素を増やすための材料として飲むものというスタンスです。

 

れい

体内にある酵素のエサとして飲むなら、酵素が生きているかどうかは関係ないとわたしは解釈しました

 


ダイエットに重要なのは酵素ではなく食物繊維

食物繊維

 

  • 酵素が体にいいという科学的根拠はない
  • 酵素はたんぱく質の一種
  • 酵素は胃に入るとアミノ酸で全部分解される
  • コールドプレスジュースと普通のジュースには有意な差はない
  • 人参やトマトなどは加熱したほうが栄養素が増える
  • 酵素は身体に悪いわけではない
  • フルーツや野菜で1番重要な栄養素は「食物繊維」
  • ダイエットに明確に効くと言われているのは「食物繊維」

 

ダイエット目的なら食物繊維を1日50g程度取ると言い

生の野菜や果物で取るのは難しいし、コストがかかる

 

れい

生の野菜や果物ってそんなに安くはないので、毎日大量に摂るのは金銭的に難しいです